鍋にお湯を沸かします。沸騰したらおそば一人前を静かにほぐしながら入れます。(中華鍋が茹でやすいと思います。)

そばが切れないようにゆっくり入れてください。(つなぎ無しの十割そばは切れやすいので、お取り扱いには注意してください。)

そばを入れたら、箸で静かにそばをほぐしてください。タイマーをセットして(冷たいそばで約1分前後)(温かいそばで約20秒前後)再沸騰したら(タイマースタート)蓋をして火を消してください。(茹でこぼしの心配がありません)お好みの硬さで茹でてください。

タイマーが鳴ったら、すくい網でそばをすくい、ボールに張った水の中に入れて粗熱をとり、水を替ながら3回ほどそばを洗います。

最後に化粧水(氷水)でそばを締めて水を切ります。

ざるなどに入れて良く水を切ったら、お皿などにほぐしながら盛り付けてください。ザルを45度ほど傾けて。軽く手の平で押さえると水が切れやすいです。

そばを茹でる前に出汁、薬味(山葵・葱・大根おろし)などを先に用意しておいてください。

いただきます。(≧∀≦)温かいおそばは水洗いした後に温めなおして(茹で湯などで湯通しして)そばを丼に入れ、沸かしておいた出汁を入れてお召し上がりください。茹で湯はそば湯として、食べ終わった後に出汁で割って飲んでください。焼酎の蕎麦湯割りも美味しいですよ。火傷しないように気をつけて茹でてください。

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)